孤独な女子総合職ブログ

人生はたたかいとにげだ

自己紹介と簡単な経歴

そういえば触れてなかったこともあったので簡単に

 

1990年代生まれ

東京生まれ東京育ち、大学も都内

大学卒業後はメーカーに総合職として就職、地方配属、現在四年目

 

•三年目で仕事とうまく付き合えず半年ほど休職、その後復職

 

•復職後まもなく異動となり(新しいことを覚えるのは負荷がかかるので怖かったですがとりあえず変わりたかったので受諾)現在は慣れない仕事に手こずったり困ったりもがいたり、今後どうしていこうか考えているところ

 

こんな感じ。

 

休職に至るまではまたどっかで整理していきたいなと思いますが、なんだかあんまり記憶が定かじゃないです。

 

配属した日から上司にお前のことは男だと思って扱うといきなり言われて(今思えば冗談だったのかもしれませんが当時は間に受けていました)怖くて家で毎日泣いてて。配属から半年くらいして、ちょっとあたりがきつい上司から仕事を習ったときは毎日怒鳴られ死ねやら言われ、仕事そのものがどんどん怖くなり周りと自分の扱いや立場の違いに悩み、朝泣きながら会社行って休み時間はトイレや会社の外の公園で泣いたり、帰りも泣きながら帰り、吐いたり蕁麻疹が出たり、ご飯も食べれなくなり、まもなく会社に行けなくなりました。

 

こう思えば就職してから泣いてばっかりだ、最近は夜だけだからマシになったのか、何が正常かよくわかりませんが。

ただ、休職する前の状態には戻れないと感じます。同じように元気?にはなれないし会社を信用できないです。

 

 

また前述した2人の上司は現在違う部署なので解消されましたが会うことはあるのでトラウマです。扱いや立場の違いに関しては現在進行中で悩んでいます。

 

日々の私がしんどいと感じていることは、過去の記事の通りです。

 

 

 

もっと私が気が強かったら、きっと潰れなかったと思います。気の強い人が周りに多いです、社会人みんなそうなのかな。

 

 

 

 

 

また付け足していきます。

 

少数派が損をする運命

仕事が変わろうといまの部署にいる限り、総合職の女はわたししかいない

 

 

わたしにだけ言い方がきつかったり

私よりも何十年間もやってるおねえさんたちに仕事押し付けられたり(わたしあなたの上司じゃないのに、というか私よりは貰ってるだろお金)

 

結局自分の職種が嫌なんだから、なんの仕事をしてようとわたしのなかの矛盾ストレスはなくならない

 

例えば

年収が400万で上がる見込みがないけど責任が少ない仕事 と

年収が800万でそれよりも高くなるかもしれないけど責任や負荷が大きい仕事

なら絶対前者がよい。

 

そんな自分なのでモチベーションがまったくなく、教えて貰ってもいまいち自分ごとと捉えられず。どうせ一生働かねえし(周りの人ごめんなさい)

 

そんなんだから私みたいなのが辞めた方が会社にとって利益なんじゃないかな

 

今日はそんなことを永遠と考えていました

 

やめる理由を模索してるだけだね

 

結局自分が一番女に囚われている

7月は色々考え込みすぎて参ってしまった

新しい職場ということもあってか、自分と向き合いすぎてしまったような

 

 

どうせあと何年も働かないだろうし、先のことは考えずに、毎日をそれなりに過ごしていく考えにシフトしないと

 

 

机に常備している退職届と

付箋に書いて貼ってある、明日辞める という言葉

これがわたしのすべてである

 

 

とりあえずなんとか、生きていくしかない、嫌いな土地でも、嫌いな仕事でも

 

 

しかし朝起きるとまたどんよりとしてしまうのであった.....今日のことだけを考えようとしているのにも関わらず!

 

拘束時間が長いわけじゃないのに、何がどう辛いのか自分でもよくわからない、いやでもあれこれ考えちゃいけないんだった

あー

仕事ができる管理職女子皆無説

今日はじめて、役職のついた女性に会いました、元々総合職だったのか転換したのかはわかりませんが。

 

会議案内で役職ついてて女の人だ!とすごく嬉しくなり、どんな人か気になっていたところであります。

 

実際お会いしてみて、悪い方ではなかったですが、うーーーーん。

 

やっぱり女の人が人前に立ったり、偉そうに知ったかぶるのって、男の人がやるそれよりだいぶ痛々しいとおもう。

 

わたしはまだ若いから、元気があって良いねとかそういう風にみてもらえる節があるけど

自分のお母さんくらい(50歳くらい)の人がなんやかんや取り仕切るところを見てもなー

 

 

たぶんこれはそもそもの価値観とか偏見があって、良い年の女のくせに喋ってやがるっていうので大きく減点される、なおかつその話が知識不足であったり的を得ていないと、反感は強まる

というのが原因としてあるんだと思う。

 

 

大勢の人の前で喋るとか仕切る仕事は、女の人に向いてないんじゃないかなーほんとにほんとに頭のいい人じゃないとできないと思う。分析とか説明とかは、理屈っぽい男の人が向いている。

女の人はデータ集計とか丁寧正確な仕事であったり、共感性が高いから接客業であったりとか。

 

ってことは、結局女の人が向いてるのは一般職とかアルバイトじゃないか。偉くなってその仕事だけで済まされるわけないじゃん。

 

と会議中に行き着き消沈したのでした。

 

このまま歳をとって続けたら、大した仕事もできないくせに給料泥棒め とかなるんだろーな

不景気の中コスト下げろとか言われてる中で、わたしみたいなのが辞めるのが一番採算上良いんじゃないかと思った日でした。

 

最近すこぶる元気がないのはなんでだろう、夏バテなのかなんなのか。

 

ちゃんと自分の今後を決めたい、人生なんて決まって時間しかないんだし、うだうだ悩む時間が無駄なのはわかっているけど。

それで悩まないようになる程わたしは単純じゃないぞ、だったら前から治ってるよ

飲み会の後の虚無感

毎回なんですけどこれはなんなんでしょうか...

 

お酒は大好きでまあまあ飲むほう

それもあって結構飲まされることも多く

後半はいつもなんとなーく記憶がおぼろげ

 

 

翌日朝起きて、昨日変なこと言っちゃったかなーとかなんとなく覚えてるちょっとした粗相ばっかり思い出してすごく憂鬱になる。

 

本当に気のおけないメンバーなら悩まないけど、会社の人とくに上司と飲むといっつもこうなるわけで。

 

お酒の席のことなんてみんな気にしてないのわかってるし、自分だって酔っ払っている上司を見てなんとも思わないけど

 

ひたすらブルーで明日尚更会社行きたくない病

 

 

この負の連鎖なんとかならないのかな

飲まなきゃ良いのはわかるけどそうもいかず

 

 

昨日はなぜかずーっと泣いてた、なぞ。

めんどくさいなあ自分

 

人からどう見えるかが気になってしょうがないんだろうな気にしてないふりしてるけど

 

 

憧れる先輩がいない

こうなりたい、という先輩社員がいない

 

まず周りに大卒の人総合職の人はいない。(女の)

職場の結婚している人も一般職だからかほわーんとしてるし(それでわたしよりお金もらってて羨ましくなっちゃうけど年齢はすごく上だけど)

あとは独身のお局一般職のひと。この人たちは専門性に長けていると思うけど、なりたいとは思わないなあ。大人になるには結婚、出産は大切と思う、人として。自分ばっかりになりがちだから。

 

多部署、本社でかかわる総合職の先輩で結婚した人はいるけどまだ籍入れたばっかでこれからどうするんだろーってかんじだし

あとは、産休中の若い総合職の先輩いるけど、戻ってくるのかなーどうなんだろう。

この二方は総合職ですが明らかにわたしとタイプが違う(意外に女子)のでまず自分と重ねられません。

 

もちろん、周りの男の人たち見ててもこんなにやりたくないなーとか思っちゃうし(ほんとは求められてるけどごめんなさい)

だからと言って女使えるような可愛さもないし。

 

 

あーなりたくないなーばっかでモチベは全く上がりません。

 

服のセンスもいい感じで、仕事もいい感じにこなしてる、女らしさがそこまでない、既婚子持ち総合職の先輩いないかなあー

安易に知らない土地に出ないほうがいいよ

総合職選ぶと勤務地も転々とするので、全く知らない土地にくることも多いと思います

 

結構辛いのでやめたほうがいいですよ

地元か大学通ってた地域で就職するのが一番

 

知らない土地で就職すると

遊ぶのも全部会社の人

旦那も会社

 

視野が狭くて狭くてしゃーない

何も参考にならない

 

あと女の子的には子育てが大変だとおもう

ばあばが近くにいるって羨ましい

悩み相談できる旧友がいるのも羨ましい

 

わたしは全部なくなってしまったよ